CMC薬事担当副社長

クリストファー・ケマラーは当社のCMC薬事の統括責任者であります。製薬/バイオテック業界において25年以上にわたり幅広く医薬品の開発業務に携わるなかで、CMC薬事分野である開発過程、技術移転を伴ったスケールアップ及び製造に大変豊富な経験を有しております。メルク社、ファイザー社に在籍中はCMC薬事で重要な責務を担い、Emend, Nexium, Pepcidなど様々な薬剤の開発製造に携わりました。またAvera社では開発担当副社長、Neothetics社では製造担当副社長を務め、advancing central nervous system, irritable bowel syndrome and aesthetic fat reduction drug product candidatesを推進しました。テンプル大学で薬学の博士号を、ペンシルバニア州立大学で化学専攻にて学士号を取得しております。

Chris-Kemmerer