ボブ・グッデナウは数々の多国籍製薬企業やバイオテクノロジー企業で経営幹部や管理職の責務を務めてきました。研究開発、事業開発、市場開拓を含むコマーシャライゼーションなど、多岐にわたり卓越したリーダーシップをもち、また国内外のライセンシングにおいて豊富な経験を有しております。28年以上に亘る製薬業界での経験のうち、近年ではSyndax社在籍中にChief Business Officerとして同社のオンコロジーのエピジェネティックプラットフォームの商業化でその手腕を発揮しました。またInovio Biomedical社のコーポレートディベロップメント担当副社長並びにRhone-Poulenc Rorer社, Aventis社及びBaxter Healthcare社の管理職ポストにつき、重責を担ってきました。スタンフォード大学メディカルスクールで生物物理学の博士号を、カリフォルニア大学バークリー校で生化学の学士号を取得しており、また、カリフォルニア工科大学生物学部でのアメリカがん協会のフェローの経験もあります。