最高経営責任者兼エグゼクティブチェア

ミレイユ・ギリングスはHUYAバイオサイエンスインターナショナル社を創業し中国の研究機関や民間のバイオ医薬品関連機関と幅広い連携を構築しながら、当社を中国発の新規薬剤の製品化に向けて、グローバルに開発事業を展開する先駆的なバイオ医薬品の開発促進の分野における世界的リーダーへと導いてきました。

ギリングスはバイオテクノロジー分野において25年以上の経験を有し、神経と神経変性疾患の研究に携わってきました。

ギリングスはラドバウド大学ナイメーヘンで神経科学博士号を取得し、ボルドー大学、スクリップス研究所で博士研究員を務めておりました。欧州グローバルヘルスケア分野を対象としたプライベート·エクイティ·ファンド、GHOキャピタルの共同創設者兼非執行副議長でもあります。 またフォーチュン500企業であるクインタイルズ社(現IQVIA)の女性初の取締役となり、ガバナンス・品質・指名委員会にも名を連ねておりました。 科学的見地に基づくスキンケア製品を扱うセンテ社の取締役及び米国パスツール財団理事会のメンバーも務めております。2017年には英国のExeter 大学からビジネス、サイエンス、慈善事業への貢献をたたえて名誉号を与えられました。また、同年、UK Sunday Timesの女性実業家トップ10にも選ばれております。