社長、方恩医薬

冯毅博士は中国のFountain Medical Development (FMD)社の社長を務めております。以前はCovington & Burling社において薬事のシニアコンサルタントを務めておりました。17年以上に亘り中国食品医薬品監督管理局で薬剤評価に携わり、その間、医薬品審査評価センターのアシスタントディレクター、中国国内の主な新薬開発プログラムの副理事を初めとする多くの役職に従事しておりました。 第四軍事医学大学を卒業した後に整形外科医として活動し、薬剤評価、薬事規制、薬事法に係る深い知識と幅広い経験を有しております。様々な治療領域での多くの薬剤に係る第一承認手続きにおいて、薬事や科学的根拠に基づく決定に携わってきました。中国において多くの法令及びガイドラインの策定に関わったほか、ヨーロッパや米国その他の国の薬事法やガイドラインについても多くの知見を有しております。国際的に認められたGRP (Good Review Practice)概念の中国への導入にも尽力しております。

Yi-Feng-MD