教授、研究員、兼 中国製薬協会製薬技術委員会理事

俞雄教授は中国医薬集団総公司 (Sinopharm)の研究員を務めており、以前は中国国家製薬工業協会(CSIPI)の副院長として、事業、国際協力、技術革新などを担当しておりました。また上海医薬品産業研究所 (SIPI)の化学部門の理事及び副理事、揚州維克生物行程有限公司のジェネラルマネジャー兼代表、上海現代製薬の代表、そして鲁康製薬グループ、大安堂製薬、丽珠グループ、新華製薬等でも代表を務めたほか、上海交通大学では客員教授として務めておりました。カリフォルニア州立大学ノースリッジ校での客員教授の経験も有します。現在は、健康元薬業集団の副社長のほか、華東師範大学及び華東理工大学の客員教授に就任しております。30年以上に亘り、化学薬品の合成、様々な領域の革新的な薬の研究、ホスホン酸合成薬物の研究において顕著な功績を残しており、その間、30以上に及ぶ研究開発を手がけ、多くの研究プロジェクトに携わっています。また、40以上の革新的な特許を申請し、30以上が承認されております。1999年に国務院から特別賞を受賞したほか、政府及び地方政府から6つの科学技術進歩賞を受けております。これまでに40以上の研究論文を発表し、SIPIにおける第11次5ヵ年主要プロジェクトである統合医薬研究開発大規模プラットフォームの責任者を務めておりました。

Xiong Yu