教授、上海交通大学胸科病院、, 理事、上海肺癌センター

陆舜博士は、上海交通大学上海市胸科病院の教授及び上海肺癌センターの理事を務めます。主な研究分野は新規標的因子と免疫治療薬であり、肺及び胸部の腫瘍を専門としております。 また、これまでに多くの国際的臨床試験に治験責任者または治験共同責任者として参加しております。上海医科大学で医学号を、第二軍医大学で博士号を取得し、その後イスラエルのテルアビブ大学で臨床腫瘍のフェローシップを修了しました。また、米国テキサス州ヒューストンのTexas MD Anderson Cancer Centerに客員教授として招かれました。これまでにJournal of Clinical Oncology PINAS, Clinical Cancer Researchなど主要なジャーナルに200以上の研究報告を発表しているほか、多くの受賞歴も有しております。学会や協会の委員も多く務め、The Oncologistの編集委員、中国食品医薬品監督管理局(CFDA)のパネルメンバー、中国医学協会腫瘍学会委員、中国肺腫瘍研究学会の理事、臨床腫瘍学会の執行理事、中国医学会上海支部の理事に就任しております。

Shun Lu