創設者兼CEO、上海メディシロン生物医薬有限公司

陈春麟博士は、上海のメディシロン生物医薬の創設者であり、現在は最高経営責任者(CEO)を務めております。同社は、製薬・バイオテック企業に対する前臨床のADMET(薬物動態毒性)業務及びCROサービスを提供しており、新薬研究開発技術の総合的プラットフォームを構築して、前臨床、中国FDA申請、米国FDA申請に係る高品質なサービスを提供しております。同社を創業する以前はParker Hughes Cancer Centerの製薬部門の主任を務めたほか、米国のVertex 社において7年以上に亘り薬物動態・薬物代謝部門の研究員を務めました。また、上海、廈門, 武漢のハイテク技術産業開発区で進められている複数の新薬開発プログラムに対して投資をしている政府系ファンドの審査委員のほか、上海薬理学会の薬物動態・薬物代謝部門の副主任、中国薬理学会の薬物動態・薬物代謝部門の委員、そして中国薬科大学の准教授も務めております。これまでに、中国政府からExcellent Returnee 賞、トップ1000Talent Plan賞、オクラホマ州立大学からResearch Excellence 賞、中国薬科大学からExcellent Teacher 賞など、多くの受賞歴を有します。オクラホマ州立大学から薬理学と毒物学で博士号を取得し、St Jude Children’s Research Hospitalでポストドクターコースを修めました。また、中国の薬科大学で学士号と修士号を取得しております。

chun-lin-chen-Phd-1