副所長 北京大学臨床研究所

姚晨教授は、北京大学臨床研究機関の副所長及び北京大学付属第一医院の生物統計学部の主任を務めております。また、中国医師会のEBM(Evidence-based Medicine)委員会の副会長、中国統計協会の統計理論・方法論委員会及び統計学教育委員会の副理事にも就任しております。2004年に北京大学に就任する前は、PLA 総合病院の医学統計部で17年間に亘り講師、准教授、教授、主任などを務めました。第4軍医大学で生物統計学の修士号、航空医学の博士号を取得しております。これまでに、医学統計学や新規薬剤臨床試験などに関する書籍のほか、臨床試験に関する論文を20以上発表しており、中国食品医薬品監督管理局(CFDA)の新規薬剤評価委員も務めております。2011年には、APEC日中韓薬事関係局長会合を踏まえた多地域共同臨床試験 東京ワークショップで講演しております。

Chen Yao