薬理担当副社長

レイド・ビソネットは、HUYA社のリード候補物質の開発を進めるための薬理学および橋渡し研究活動を監督し、腫瘍および炎症の新しい治療機会の評価に貢献しています。20年以上にわたって腫瘍、炎症および免疫疾患の治療領域における創薬に携わってきました。小分子、ペプチド、生物製剤および薬剤抱合体に関する経験もあります。以前は、CovX Research(Pfizer WRD)のCovX Researcにおいてアソシエイトディレクター/腫瘍学治療領域リードを担当し、Ligand Pharmaceuticalsでは、分子生物学/腫瘍学のアソシエイトディレクターとして、標的特定、バリデーション、リード開発および臨床候補物質の選択、新規技術の取得、臨床開発におけるサポート化合物を含め、腫瘍および炎症の領域における創薬を担当していました。また、TargretinおよびONTAKの承認および承認後開発にも大きく貢献しています。McGill Universityで生化学の理学士号および腫瘍免疫学の博士号を取得しています。La Jolla Institute for Allergy and Immunology でポストドクタートレーニングを行っています。

レイド・ビソネット