アジア事業最高執行責任者(COO)、最高技術責任者兼(CTO)

クレメント・ギングラスは、18年間にわたり国際的な医薬品会社で事業経営や運営に関する経験を積みました。現在は HUYA社のアジア事業の責任者であり、その一環として、中国や日本での事業およびアジア全域における当社事業の展開戦略を統括しています。また、当社のIT・技術開発分野の責任者でもあり、現在は主に、中国発の新薬候補化合物ポートフォリオとしては世界で最も包括的な当社の新薬候補化合物のデータベースの増強に取り組んでいます。

これまでに国際事業においてさまざまな業務担当やリーダーを経験しています。そのうち10年間はグローバルな通信技術・サービス提供会社である Ericssonで、南北アメリカ(中米を含む)全域でマルチマーケット(複数市場)展開プロジェクトのリーダーを務めました。

コンコルディア大学で専門水文地質学の学士号およびコンピュータープログラミングの準修士号を取得しています。フランス語と英語が堪能です。

クレメント・ギングラス